ザクロの副作用

ザクロは、美容において、とても素晴らしい効果がある果物だといわれています。たとえば、ざくろに含まれているエストロゲンという成分を摂取することで、皮膚の中にに存在するコラーゲンやエラスチンを増加させてくれる効果があり、肌全体においてが若返り、ハリがでて、しわの改善などの効果があります。また、エストロゲンの摂取により、女性ホルモンの分泌が促進されるので、女性らしさが出ます。たとえば、バストアップ効果も期待できますし、卵巣機能低下を防止するので、更年期障害の症状の改善にも役立ちます。このように女性の美容と健康に素晴らしい効果をもたらすので、ザクロは今も昔も注目されていて、積極的に摂取されている方も多いのです。しかし、こんなに素晴らしい果物でも、場合によっては副作用を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。ザクロの皮に含まれる成分が特に心配です。たとえば、嘔吐、悪心、めまい、下痢などの症状が出ることがあります。また、過剰摂取によって、中毒症状が出ると、発熱、ふるえ、虚脱、黒内障、斜視、視野狭窄といった副作用が出てしまうケースも少なくないようです。さらには局所的なけいれん、循環、呼吸障害、冷や汗をともなう憔悴を起こす重篤なケースもあります。このように、ざくろは副作用があることで心配されることもありますが、本来はとても身体にいいものであるので、昔から今も変わらず摂取されているのです。ザクロに限らずどんなものでもなんらかの副作用があります。ザクロの副作用もその一つに過ぎないでしょう。

ざくろの皮は、摂取することによって副作用の心配があるそうです。

もちろん、アレルギーのようなもので、どんな人にもなる可能性はある分、摂取した全ての人がなるわけでもありません。メロンを食べると口が痒くなる人がいるような感覚でしょう。ザクロは、日本のスーパーなどではあまり見かける果物ではありませんので、普段ザクロをたべる機会はなかなかありませんが、市場では、ザクロ100%のジュースやサプリメントなどが売られているので、気軽にザクロの成分を摂取できます。ザクロの皮に含まれる成分は、人によって嘔吐、吐き気、めまい、下痢などの症状が出ることがあるそうです。また、過剰摂取により、発熱やふるえ、視野狭窄などのさまざまな症状が出ることもあります。実においては、種子の中にエストロゲンという女性ホルモンの働きをする成分が体に良い働きをします。たとえば、美容効果、抗癌作用、血流改善効果などです。実においては、一般的に副作用は無いといわれていることや、食品として摂取する場合、その中に含まれている成分を摂取するのも限られてくることから、大量摂取による副作用の心配もないといわれています。ごく一般的な摂取の仕方ならいいのですが、成分が濃縮されたサプリメントやジュースを摂取するときは注意が必要です。特にサプリメントは飲み間違いなどで、過剰摂取してしまったり、たくさん摂った方が美容に良いから大量に摂取することで、副作用が出てしまうケースもあります。また、普段薬を服用されている方は、併用することで、副作用が出たという例もあります。薬を服用されている方は、かかっている病院に必ず相談の上、摂取しましょう。